豊田 マンション 売却

豊田市のマンションを高く売却する不動産会社を探す方法

豊田市 不動産 売る

豊田市 不動産 売りたい

豊田市 不動産 処分

豊田市 不動産 査定

豊田市 不動産 売却

 

豊田市の不動産会社を検索すると、約240件ほどヒットします。
こんなに沢山ある中からマンションや戸建て、土地などを高く売却してくれる業者を探すのはかなり大変な作業です。

 

どうやって最後の1社を選び出せばいいのでしょう?

 

なんせ大事な財産を預けるわけですから、優良で優秀な不動産屋でなければなりません。
ですが悪徳な業者も多いと言われる不動産業界の中から、何の情報もないままで優良な不動産屋を見つけるのも難しいですね。

 

そこでオススメなのが、第三者の目です。

 

優良な不動産会社かつ、不動産を高く売却してくれる会社を探す方法が不動産一括査定です。

 

お持ちの不動産の情報を入力するだけで、その不動産の査定価格を複数の優良不動産会社から取る事ができます。
一括査定には、評判の悪い業者は排除されていくシステムがあるので安心なのです。これが第三者の目です。

 

しかも複数の不動産会社から査定してもらうことで、その不動産の相場や最高値が分かります。

 

まずは60秒査定をしてみませんか?

 

豊田市 不動産 見積もり

 

 

宅地建物取引士(宅建士)とその仕事

 

豊田市 不動産

 

不動産の売却のことで不動産会社に行くと、親身になって対応してくれるのは宅建士です。

 

宅建士というのは、宅地建物取引業者いわゆる不動産会社で土地や建物の売買・賃貸物件のあっせんなどの業務を行う人です。

 

土地や建物などの不動産売買は非常に高額なので、専門知識が必要ですし、売買の経験のないお客様が多額の不利益を被らないように重要事項を説明して売買を円滑にしなければならないのです。

 

そして不動産売買の重要事項の説明ができるのは、宅建士だけなのです。

 

ちなみに宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国土交通省が創設した宅地建物取引業法に基づく国家資格です。
合格率は例年15〜17%という難しい資格です。

 

宅建士のバッジは土地を模した四角形色はシルバー、日本の国花である菊をモチーフにしており、中に全宅連のシンボルであるハトマークが施されています。
宅建士になるには宅建試験に合格する必要があります。
さらに宅建士として仕事をするためには、試験開催地の都道府県に登録手続きを行い、知事から取引士証の交付を受ける必要があります。

 

 

土地家屋調査士とその仕事

 

土地家屋調査士

 

土地家屋調査士はの仕事内容は、依頼された不動産で必要な測量をした後に図面と登記申請書を書いて登記手続きを行うことです。

 

不動産(土地や建物)の面積や形状、所在や状況などの状態をあらわす「表題登記」をするため、対象物件の調査や測量を行います。
ほかにも土地の境界杭の位置の確認や、面積の測量、境界杭を定める交渉なども行っています。

 

建物の土地との位置関係や各階の形状なども測量します。
これら測量したものをきちんと図化し、登記申請書とともに法務局に提出することによって不動産の表題登記を申請することができるわけです。

 

土地家屋調査士とは、土地家屋調査士法に基づく国家資格で、合格率は例年3〜7%の狭き門です。
バッジは、五三の桐の中央に「測」の文字が入っています。

 

 

司法書士とその仕事

 

司法書士

 

司法書士の主な仕事は、登記及び供託の代理、裁判所や検察庁、法務局等に提出する書類の作成提出です。
司法書士に書類を作ってもらうことは多いと思います。

 

司法書士の合格率は例年2〜3%で、非常に難しい資格なのです。ちなみに司法書士のバッジは、「五三桐花」です。

 

司法書士になるためには1:司法書士試験に合格するか、2:法務省の職員としてその職務に従事した期間が通算して10年以上になる者又はこれと同等以上の法律に関する知識及び実務の経験を有する者で、法務大臣に司法書士の業務を行うのに必要な知識及び能力を有すると認められる必要があります。

 

そして平成14年には、司法書士のさらに上の資格である認定司法書士が誕生しました。
認定司法書士になるには、日本司法書士会連合会が実施する特別研修を修了して法務大臣に認定される必要があります。

 

ステップアップした認定司法書士は司法書士の仕事に加えて、簡易裁判所にて取り扱うことができる140万円までの民事訴訟、訴え提起前の和解、支払督促、証拠保全、民事保全、民事調停、少額訴訟債権執行、裁判外の和解、仲裁、筆界特定についても代理することができます。

 

出来る仕事の幅が広がるわけですね。